戸建てのリノベーションをお考えの方!建て替えとの違いを紹介!

戸建てのリノベーションをお考えの方!建て替えとの違いを紹介!
リノベーションの知識
「住まいを新しくしたい。」
「戸建てをリノベーションするべきか建て替えるべきか分からない。」
このような方はいらっしゃいませんか。
今回は、戸建てにおけるリノベーションと建て替えの違いについて紹介します。

リノベーションと建て替えの違いとは?

この記事をお読みになられている方の多くが、リノベーションと建て替えについてどちらが良いのか悩まれていると思います。

戸建ての住まいを新しくする上でどちらがより適しているのか知りたいですよね。

ここからは、リノベーションと建て替えの定義や必要な期間、どんな費用がかかるかといった点で違いを紹介します。

リノベーションとは戸建ての基礎部分を残したままで、部分的に改修を行うことを指します。
工事期間としては、工事の規模によりますが一般的に1ヶ月から5ヶ月の場合が多いでしょう。
また、この中でも特に多いのは1.5ヶ月から3ヶ月ほどで完了するケースです。

必要な費用としては次のようなものがあります。

・工事費用
・引越し費用
・仮住まい費用
・登記費用(増築や減築により床面積が変わる場合)

一方で、建て替えとは住宅の基礎部分から取り壊して家を建て直すことを指します。
一度更地に戻るイメージです。

必要な期間としては3ヶ月から8ヶ月程度です。
しかし、こちらはあくまで目安ですので、最短でも4ヶ月〜6ヶ月かかると考えておきましょう。

必要な費用としては次のようなものが挙げられます。

・既存の建物の解体費用
・工事費用
・仮住まい費用
・登記費用
・諸費用

どちらがおすすめなのかケースごとに紹介!

リノベーションとリフォームで迷われる場合の多くが、リノベーションが大規模になる場合だと思います。
具体的には一度スケルトンにする場合や、屋根や外壁を一度解体する場合などが挙げられるでしょう。

リノベーションがおすすめのケースとしては、減築しても良いと考えていらっしゃる場合や、既存の建物の構造体が丈夫である場合や、資産価値を持っている場合です。

反対に、建て替えがおすすめできるケースとしては築年数がかなり古いケースや、地盤に不安がある場合などが挙げられます。

今紹介したケースはあくまで一般的な話になりますので、業者の方と細かい条件を話し合ってベストな選択を行うようにしましょう。

まとめ

戸建てとリノベーションの違いについてご理解いただけたでしょうか。
住まいを新しくしたいとお考えの方はぜひ本記事を参考にしてみてください。
WORKS MORE