木造の戸建てにお住まいの方へ!リノベーションの事例をご紹介します!

木造の戸建てにお住まいの方へ!リノベーションの事例をご紹介します!
リノベーションの知識
木造住宅にお住まいで、リノベーションをしたいとお考えの方はいらっしゃいませんか。
木造住宅のリノベーションをするのであれば、長い間住めるようにしたいですよね。
そこで今回は、木造住宅のリノベーションについてご紹介します。
ぜひ、リノベーションをする際の参考にしてみてください。

木造住宅のリノベーションの事例についてご紹介します!

ここでは木造住宅のリノベーションの事例として、間取り変更の工事をした住宅や和モダンな住宅についてそれぞれご紹介します。

まず、間取り変更の工事をすることで、使いやすい間取りの住宅を実現できます。
間取りを変更すると、家事がしやすくなることやゆとりのある空間が確保できることが特徴です。
さらに、思い出の家具を再利用することで、大切な思い出を残せますね。

また、和モダンな住宅は、近年流行しています。
使い込まれた屋根裏や梁を残すことで、お部屋が美しい印象になります。
さらに、ロフトを改良することで、家族が集まれる空間を確保できます。

住宅の寿命を伸ばすリノベーション方法とは?

住宅の寿命を伸ばす方法はいくつか挙げられますが、ここでは3つご紹介します。
これらの方法を取り入れて、長期間住める住宅にしていきましょう。

まず1つ目は、外壁塗装や屋根塗装を行うことです。
外壁や屋根は日差しや雨風から住宅を守る役割を持っています。
そのため、住宅を守る上でこれらのメンテナンスは不可欠です。

メンテナンスはおおよそ10〜15年が良いと言われています。
しかし、直射日光が当たる住宅は劣化が早く進むため、早めにメンテナンスをすると良いでしょう。
また、外壁と屋根は同じ時にリノベーションをすると費用が抑えられるためおすすめです。

2つ目は、給排水管の交換をすることです。
給排水管は古くなると、水漏れが起こる可能性があります。
そのため、耐用年数が過ぎたタイミングで交換しましょう。
目安はおおよそ30〜40年のサイクルが良いと言われています。

3つ目は、水回りの設備を新しくすることです。
水回りは耐水年数を過ぎると水漏れが起こる可能性があります。
また、タイルはひび割れから水漏れが起きやすいため、特に注意しましょう。
メンテナンス時期の目安はおおよそ15〜20年が良いと言われています。

まとめ

この記事では木造住宅のリノベーションについてご紹介しました。
事例として、間取りを変更する工事をした住宅や和モダンな住宅などが挙げられます。
住宅の寿命を伸ばすには、外壁塗装を行うことや給排水管を入れ替えると良いですね。
リノベーションにお悩みの方は、当社が最適なご提案をしますのでお気軽にご相談ください
WORKS MORE