中古マンションのリノベーションに興味がある方へ!物件探しについて解説します!

中古マンションのリノベーションに興味がある方へ!物件探しについて解説します!
リノベーションの知識
「中古マンションのリノベーションをするために、物件探しをしたけど、たくさんあるため選ぶのが難しい」
中古マンションのリノベーションについて、このように思っている方はいらっしゃいませんか。
そこで今回は、中古マンションの物件探しの方法についてご紹介します。
ぜひ、物件探しの参考にしてみてください。

物件探しのポイントについてご紹介します!

物件探しにはいくつかのポイントがありますが、ここでは4つご紹介します。
これらのポイントに注目して、良い物件を探しましょう。

まず1つ目は、築年数です。
日本では、マンションを購入した瞬間から中古マンションの扱いを受けます。
そのため、資産価値は月日が経つにつれて下がっていきます。
築年数による資産価値は、おおよそ20年間下がり続け、30年を超えると一定になる特徴があります。

2つ目は、リフォーム前の物件かリフォーム済みの物件か確認することです。
リフォーム後の物件の場合、内装工事費用が上乗せられている可能性があります。
リノベーションを検討している方は、リフォーム前の物件を選ぶと良いでしょう。

3つ目は、マンションの共用部分の状態を確認することです。
マンションの内装部分はリノベーションで変えられます。
しかし、共用部分は変えられません。
物件を確認する際は、ゴミ捨て場や自転車置き場などの共用部分の状態を確認しましょう。

4つ目は、希望しているリノベーションが実現できるかどうかを確認することです。
事前に希望しているリノベーションのプランがある際は、実現できる物件がどうか確認しましょう。
マンションには、柱と梁を建物で支えるラーメン構造と、壁で建物を支える壁式構造の2種類があります。
そのため、プランを実現できる構造の方を選ぶと良いですね。

物件探しの注意点とは?

中古のマンションの物件を探す際に注意する点として、優先順位を間違えないことが挙げられます。
リノベーションを行う際は、全体の予算を確定し、それからマンションに充てる代金を決め、残りをリノベーションに回します。
予算は限られているため、最初にリノベーションの予算を決めてしまうと、資産価値が乏しい物件を購入する可能性があります。
そのため、優先順位を意識して物件選びをしましょう。

まとめ

この記事では、中古マンションの物件探しの方法についてご紹介しました。
物件探しでは、築年数やリフォームの有無、マンションの共用部分の状態を確認すると良いですね。
注意点として、優先順位を間違えないように気をつけましょう。
中古マンションのリノベーションに興味のある方は、お気軽に当社へお問い合わせください。
WORKS MORE